西武森、守備強化の秋 「基礎やっている」

西日本スポーツ

 ◆西武秋季キャンプ(宮崎県日南市南郷)

 今季128試合でマスクをかぶった森が「守備力強化の秋」を過ごしている。打率3割2分9厘で初の首位打者に輝く一方、パ・リーグ捕手ではともに最多の9失策と12捕逸を記録。「スローイングとブロッキング。基礎をもう一回やっている」。痛めていた膝の状態と相談しながら、秋季キャンプで特守などにも精力的に取り組んでいる。

PR

PR

注目のテーマ