東福岡が20大会連続30度目の花園へ 決勝で61-0大勝

西日本スポーツ

 ◆第99回全国高校ラグビー大会福岡県大会決勝 東福岡61-0筑紫(福岡市・博多の森陸上競技場)

 東福岡が20大会連続30度目の全国高校大会(12月27日開幕、大阪・花園ラグビー場)出場を決めた。9トライを重ね、15回目となる筑紫との決勝で初めての完封勝利。CTB広瀬雄也主将(3年)は「狙い通り準備してきたことが出せた」と胸を張った。

 本年度は4月の全国選抜大会の準々決勝で桐蔭学園(神奈川)に21-67で大敗するなど全国無冠。同大会後に磨いてきたディフェンスの成果を県内のライバルを相手に示した。3大会ぶり7度目の優勝を目指す花園に向け、藤田雄一郎監督は「これから1カ月半、全国の強豪に追いつけるよう精度を上げていきたい」と誓った。

PR

ラグビー アクセスランキング

PR

注目のテーマ