J2福岡完敗も他力で残留確定 久藤監督「自分たちで決めたかった」

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J2第40節 甲府2-0福岡(10日・山梨中銀スタジアム)

 アビスパ福岡がJ2残留を決めた。J1昇格を狙う甲府に完敗したが、降格圏の21位に沈む栃木が大宮と引き分け。栃木との勝ち点差は残り2試合で7となり、20位以上が確定した。久藤清一監督は「勝てなかったのがすごく残念。勝って自分たちの手で決めたかった。残留というところは良かったと思う」と振り返った。

 前半はスコアレスで折り返したが、後半25分に先制点を献上。同34分にも追加点を奪われた。主将を務めるMF鈴木惇は「自分たちで自力で(残留を)つかみたいという思いでゲームに臨んだ。前半が我慢強くできたけど、一瞬の隙から点を取られてしまった。(残留は)最低限の結果」と笑顔はなかった。

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ