J1鳥栖が残留に前進 自動降格圏の松本に直接対決で勝つ

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J1第31節 鳥栖1-0松本(10日・駅前不動産スタジアム)

 前節15位の鳥栖が残留に向けての大一番を制した。自動降格圏17位の松本と勝ち点2差で臨んだ直接対決で前半13分に小野のフリーキックに金井がニアサイドに走り込んで頭を合わせ、先制点を奪取。金井の今季4得点目のゴールが決勝点となった。鳥栖は13試合ぶりの無失点で勝ち点3をつかみ取り、3試合ぶりの白星を上げた。

 1-0で折り返した後半は、カウンターを狙ってくる松本に鉄壁の守備で対抗。後半22分には金森に代えて豊田を投入し、前節出場停止だった金崎と2トップで最後までゴールを狙い続けた。

 接戦を制し、金明輝監督は「立ち上がりから狙い通り、攻守で表現できた。ここでとどまる選手たちではないので、次に向けて準備したい」と手応えを見せた。

 鳥栖は勝ち点を35に積み上げ、14位に浮上。松本との勝ち点差を5に広げた。

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ