ソフトバンク武田が右肘クリーニング手術へ

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの武田翔太投手(26)が近日中に右肘のクリーニング手術を受けることが、分かった。宮崎秋季キャンプに参加したものの、右肘の検査を受けるため6日に離脱していた。来季のシーズン開幕に間に合うかは不透明な状況とみられる。

 今季は先発で開幕2連勝しながらも、5月中旬から救援に配置転換され、不調により7月に出場選手登録を抹消された。8月の再登録後は再び先発での起用が続いたが、シーズン最終盤に右肘の違和感を訴え、9月21日の日本ハム戦で予定されていた先発を回避した。ポストシーズンはクライマックスシリーズファイナルステージで1度登板したのみで、日本シリーズでの登板はなかった。レギュラーシーズンの成績は32試合(うち先発12試合)に登板し5勝3敗9ホールド1セーブ、防御率4・55。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ