豪州監督ディンゴも舌巻く「周東はワールドクラス。群を抜いている」

西日本スポーツ

 ◆プレミア12 2次ラウンド 日本3-2オーストラリア(11日、ZOZOマリンスタジアム)

 逆転負けを喫したオーストラリアのニルソン監督が、日本の代走の切り札・周東の足に舌を巻いた。

 現役時代は中日で登録名「ディンゴ」でプレー。日本の舞台で母国の代表チームを率い「序盤はいい形で入ることができたし、投手陣もいいピッチングをしたが、日本が足でプレッシャーをかけてきた。そこを抑えることができなかったのが敗因」と振り返った。

 1点リードの7回無死一塁で投入された代走周東に、二盗、三盗、さらには源田のセーフティーバントの間に同点の生還を許した。「周東選手のスピードはワールドクラス。この大会でも群を抜いている。私たちの守備に大きなプレッシャーを与えた」と述べ「あの場面で日本代表がああいうプレーをできたことに敬意を表した。完璧に決めないといけなかったところをしっかり実行できていた」と相手を持ち上げるばかりだった。

 7回2死三塁でのセーフティーバントの処理で、投手が一塁送球する選択肢はなかったか、との問いには「おっしゃる通り。観客席から見ると簡単だったかもしれない」と認めつつ「(投手)ウィルキンスには一塁か本塁に投げる選択肢があったが、走者の走力を考えると、どちらの選択肢もギリギリなところだった。いい判断をしたのかなと思う」と選手を尊重。「あそこでボールをフリップ(トス)しても良かったかなと思う。でも本当に難しい選択だった」と続けた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ