侍J源田の奇襲はノーサイン 稲葉監督も「まさか」

西日本スポーツ

 ◆プレミア12 2次ラウンド 日本3‐2オーストラリア(11日、ZOZOマリンスタジアム)

 侍ジャパンが終盤に試合をひっくり返した。7回の同点劇には、稲葉監督自身も驚いていた。

 1点ビハインドが重かった7回、先頭の吉田正が安打で出塁。稲葉監督は「まず追いつこうと(吉田)正尚、浅村のところで周東の準備をしてもらっていました。正尚が出た時点で迷いなく周東を出しました」と振り返った。

 期待に応え周東は二盗に成功。さらに2死から決めた三盗を指揮官は「非常に大きかった」と称賛した。ここで源田が投前へセーフティーバント。自らタッチにきた投手をかわし、周東が同点ホームに滑り込んだ。

 稲葉監督は「(源田)壮亮のところは2アウトでしたので、ノーサイン。本人の意思でやりました。私も『まさか』とは思いましたけど」と笑いながら明かした上で「ああいう、応用と言いますかね。やっぱり国際大会では、ああいうところで『何かやってやろう』という、そういうものが非常に大事。あの1点は非常に大きかったと思います」と、今大会4試合目で初めてスタメン起用した男の感覚にうなっていた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ