侍ジャパン吉田正に米国が極端シフト 好機で術中

西日本スポーツ

 ◆プレミア12 2次ラウンド 日本-米国(12日、東京ドーム)

 好機で打席に入った侍ジャパンの吉田正に対し、米国が極端な守備シフトを敷いた。

 初回2死から近藤、鈴木が連続四球で一、二塁。吉田正を迎えた米国が動き、内野は三塁手が三遊間寄り、遊撃手が二塁ベース右、二塁手が右翼前方に位置を取った。

 吉田正は1ストライクからの2球目、初球と同じようなツーシームを引っかけて二塁手正面へのゴロ。相手シフトにかかった格好で先制のチャンスを逃した。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ