侍1点及ばず初黒星 米国の極端シフトの網にかかる

西日本スポーツ

 ◆プレミア12 2次ラウンド 日本3-4米国(12日、東京ドーム)

 侍ジャパンは追い上げも及ばず今大会5試合目で初黒星。2次ラウンドの通算成績は2勝1敗となった。

 先発・高橋礼は2回無死、4番に浴びた二塁打から1死三塁のピンチ。ベンチは内野を前進させたが、ゴロを処理した一塁手・浅村の一塁ベースを踏んでからの本塁返球がやや高く、1点を先制された。3回も1死三塁から同様に内野を前進させたが、一、三塁となった後、3番の適時二塁打で1点を加えられた。

 球を動かす米国の先発右腕に3回無安打と苦しんだ打線は、相手が継投に移った4回、鈴木の三塁打から浅村の適時打で1点差。直後の5回に2番手・山岡が失点し2点差とされたが、6回に敵失にも乗じて浅村の適時二塁打で再び1点差とした。

 続く7回に大野雄が失点し2点差。直後に1死二、三塁と一打同点のチャンスを迎えたが、途中出場の山田哲が左飛に倒れた。2死から送り込まれた左腕と対した近藤も遊飛に打ち取られた。

 近藤の打球は中前に抜けるかと思われたが、あらかじめ二塁ベース付近に位置取っていた遊撃手が捕球。初回2死一、二塁でも吉田正が、極端に右へ寄った内野シフトの前に二ゴロに倒れていた。

 8回に鈴木の二塁打から浅村の適時打で三たび1点差とし、代走周東の二盗も絡めて2死三塁としたが、後続が凡退。9回は三者凡退で試合を終えた。

 13日は日本がメキシコ、米国がオーストラリアと対戦する。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ