侍稲葉監督「全て私の責任」課題は「打線の組み方」

西日本スポーツ

 ◆プレミア12 2次ラウンド 日本3-4米国(12日、東京ドーム)

 今大会5試合目で初黒星を喫した侍ジャパンの稲葉監督は、終始ナインをかばった。

 反撃も及ばず1点差で敗戦。試合後の公式記者会見で「投手も打線も粘り強くやってくれた。選手は全力を尽くした。結果は全て私の責任」と強調した。

 采配面でうまくいかなかった点や、悔やまれる点を聞かれると「打線の組み方。そこをこれからもう少し考えていく必要があるのかなと」と述べた。4番鈴木が好調を維持する一方、5番吉田正が無安打。6番浅村が3打席連続適時打と当たっていたが、7番でスタメン復帰させた坂本勇が無安打だった。

 4打数無安打3三振だった坂本勇については「勇人は勇人で目いっぱいやってくれた結果。結果は私の責任。また明日も試合があるので、しっかりとまた勇人と話し、切り替えて、またやってもらいます」と述べた。

 韓国も敗れ、全勝はメキシコだけ。13日、そのメキシコ戦に臨む稲葉監督は「とにかく切り替えて、明日(13日)の一戦を取りにいけるように。またいろいろ考えてやっていければ」と続けた。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ