前ソフトバンク塚田「悔いはない」最後の打席で二塁打

西日本スポーツ

 ◆プロ野球12球団合同トライアウト(12日・大阪シティ信用金庫スタジアム)

 ソフトバンクから戦力外通告を受けた30歳の外野手・塚田が、最後の5打席目で前オリックスの青山から左中間二塁打を放った。「ホークスとしての野球人生はひと区切り。野球をやりたい気持ちは、もちろんありますが、振り返ればいい野球人生。悔いはないです」とちょっぴり寂しげな表情だった。同じくソフトバンクを戦力外となった27歳の右腕・岡本は、前阪神の森越に左越え本塁打を浴びるなど、いまひとつの内容だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ