桐生で初のチャレンジC19日開幕

西日本スポーツ

■PR隊が来訪

 桐生ボート(群馬県みどり市)で19日に開幕する、SG第22回チャレンジカップとG2第6回レディースチャレンジカップ(ナイター、24日まで)のPRのため、みどり市競艇事業局業務課の金子一夫課長らが12日、福岡市・天神の西日本スポーツを訪れた。

 金子課長は「桐生でのチャレンジカップ開催は初。年末のグランプリやクイーンズクライマックス出場を見据えた男女トップレーサーたちの熱い戦いにご期待ください」とPRした。売上目標額は120億円。

 両大会には、今年10月までの獲得賞金上位者(SG34人、G2 20人)が出場する。初日はSG、G2ともに賞金上位6人によるドリーム戦を実施。11Rは守屋美穂(岡山)が、12Rは毒島誠(群馬)がそれぞれ1号艇を務める。

 PR隊に同行したキャンペーンレディーの鬼塚すずのさんは「九州からも大山千広選手や瓜生正義選手らが出場します。遠方ファンでも楽しめる総額200万円のスペシャル電話投票キャンペーンや豪華賞品が当たるオープン懸賞クイズも実施するので、一人でも多くの人にレースを楽しんでほしいです」と呼び掛けた。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ