ソフトバンク怪力男に3軍監督「飛距離は柳田に匹敵」14日巨人戦で4番 (2ページ目)

西日本スポーツ 長浜 幸治

■同期の尾形&日暮 発熱リタイア

 育成2年目の尾形が発熱で練習を早退した。午前中のウオーミングアップなどはこなしたものの「結構熱が出てしまった」と練習を切り上げて宿舎に戻った。今キャンプで工藤監督ら首脳陣から高い評価を受けていた最速152キロ右腕は、14日の巨人との練習試合にも登板予定だっただけに険しい表情を浮かべた。また、育成2年目の外野手の日暮も、発熱のために練習参加を見送った。

■ブレーク目立つ2011年育成組

 2005年12月のプロ野球実行委員会で育成選手と研修生の制度導入が決定。初の育成ドラフトが行われた。その後3軍制を敷いたソフトバンクは育成ドラフトで多くの選手を指名し、支配下入りする選手も年々増加。2011年入団選手では4位千賀、5位牧原、6位甲斐がいずれも現在の主力に成長し、千賀と甲斐は表彰タイトルを獲得し侍ジャパンにも選ばれた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ