侍ジャパン周東また盗塁決めた 5戦4つ目 三塁守備も

西日本スポーツ

 ◆プレミア12 2次ラウンド 日本3-4アメリカ(12日・東京ドーム)

 侍ジャパンのスピードスターがまたも球場を沸かせた。2点を追う8回、1点を返してなお1死一塁。代走で「周東」の名がコールされるとスタンドから大歓声が湧き起こった。今大会の活躍で足の切り札として知名度が高まった男は、期待に応えて再び鮮やかな二盗を決めてみせた。

 相手投手の投球モーションを盗み、坂本勇の4球目でスタート。持ち味のスピードで鮮やかに二塁を陥れた。「自分の仕事はできたかな、と思う」。今大会5試合で4盗塁目。チャンスを拡大すると、続く会沢の打席での暴投で三塁まで進んだ。本塁にはかえれずに攻撃を終えたが、求められる役割を果たした。

 9回には三塁の守備に就き2死一、二塁でゴロを処理した。「バタバタせずにやれたかな」。大会初黒星を喫した中でも際立った快足は、世界一へ欠かすことのできないピースだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ