侍ジャパン甲斐、2次R初スタメンも終盤の被弾反省

西日本スポーツ

 ◆プレミア12 2次ラウンド 日本3-4アメリカ(12日・東京ドーム)

 2次ラウンド初のスタメンマスクをかぶった甲斐は終盤の1点を悔いた。

 ソフトバンクで後輩の高橋礼とバッテリーを組み、4回まで粘りの投球を引き出し2失点。長打力を秘める強力打線を慎重に攻め大量失点を防いだが、7回1死から大野雄がアデルに外角高めのツーシームを右翼席中段まで運ばれた。痛恨の一発について「終盤の1点は大きい。防げたと思う」と反省した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ