西武2位浜屋に課された使命 ライバル球団の「意識してる」打者

西日本スポーツ 西口 憲一

 ギータさん覚悟! 西武からドラフト2位指名された浜屋将太投手(20)=三菱日立パワーシステムズ(MHPS)=が13日、横浜市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金7000万円、年俸1300万円で合意した(金額は推定)。最速148キロのイケメン左腕は「(西武)打線がすごいので援護していただきたい。先発なら2桁勝利、中継ぎなら50試合登板が目標です」と、端正な顔をほころばせた。

 交渉した潮崎哲也編成グループディレクター(50)も「ウチが欠けている部分を補ってくれる」と即戦力として期待を寄せる左腕。浜屋もその気だ。打倒ソフトバンクを果たさない限り、日本一への道は開けない。「意識している打者は柳田選手です。角度のある真っすぐとスライダーで三振に切って取りたい」。現在77キロの体重をトレーニングで80キロまで増量してプロの世界に飛び込む。(西口憲一)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ