走らなかった侍周東「期待は感じるが」

西日本スポーツ

 ◆プレミア12 2次ラウンド 日本3-1メキシコ(13日・東京ドーム)

 周東がスタートを切らずに相手に重圧をかけた。2点リードの8回1死一塁で丸の代走で登場。大歓声に迎えられたスピードスターは二塁をうかがう様子を見せる一方、盗塁を試みることはなかった。「球場の(盗塁への)期待は感じるが、無理して勝負にはいかない。『隙があれば』と思っている」。積極性と冷静さを併せ持つプレースタイルで、相手バッテリーにプレッシャーをかける。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ