秋山幸二氏娘が芸能界へ 母が遺した言葉/秋山真凜3

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンク前監督の秋山幸二氏(57)=西日本スポーツ評論家=の一人娘でタレントの秋山真凜がスポーツキャスターへの道を歩み始めた。父の幸二氏が福岡ダイエーの選手時代に通算2000安打を達成した2000年、父と同じ「FDH」のユニホーム姿でお祝いの花束を渡した3歳の少女はすっかり大人の女性になった。

 フリーアナウンサーの生島ヒロシ(68)が会長を務める芸能事務所「生島企画室」に今年7月から所属。10月には米男子ゴルフツアー史上最多タイとなる通算82勝目をマークした43歳のタイガー・ウッズ(米国)の偉業をインタビュアーとして目の当たりにした。ジュニア時代はプロゴルファーを目指しており、スポーツ愛は深まる一方。語学堪能で才色兼備の23歳に夢を語ってもらった。(聞き手・構成=西口憲一)【第3回/全3回】

-中学時代に69のスコアをマークするなど、ジュニア時代はプロゴルファーを目指していた。女子ツアーで今季トップ3入り3度の三ケ島かな選手、来季初の賞金シードを確実にしている篠原まりあ選手は同い年。ジュニア時代から九州で切磋琢磨(せっさたくま)してきた

 九州は強い子が多いんです。一つ上の学年には(柏原)明日架さん、二つ下の学年に勝みなみちゃんとかですね。今、女子ツアーを引っ張っていますよね。

-今年の女子ツアーは何と言っても渋野日向子選手を抜きには語れない

 負けん気が強い子はたくさんいますよね。明日架さんもそうですし、みなみちゃんも。でも、渋野さんはまた違う強さを感じますよね。周囲の目を気にしなかったり、自然体でプレーできたりする強さ。(日本選手として42年ぶりにメジャー優勝した)ことの偉大さを分かっていない、みたいなところもあるじゃないですか(笑)。ああいう強さは初めて見ました。正直にうらやましいな、と。先日、BSのゴルフ番組にプレーする方で出させていただきました。3チームに分かれてベストボールで勝ち抜くルールです。この間、収録をしてきて。改めてどんな形でもいいからゴルフにも関わっていきたいと思いました。ゴルフギアの番組に出させていただいた時は父から「いいなあ、それ毎回見てるんだけどなあ」とうらやましがられました(笑)。

 ※秋山はジュニア時代、母の千晶さんに同行してもらい、全国各地を転戦した。ところが、父の幸二氏が監督としてソフトバンクを率いていた2012年の年明け、母の脳に重い病気が見つかる。秋山は学校に通いながら3年間、母の看病に専念するため、プロゴルファーの夢を断念した。チームの指揮を執るかたわら闘病生活の千晶さんを支えた幸二氏も14年限りで監督を退任。監督として2度目の日本一を見届けた千晶さんは同年12月、帰らぬ人となった。55歳の若さだった。

 病気になってからの母はあんまり話せなくて…。でも、瞬間瞬間、話せる時がありました。「好きなことをしなさいね。マリンが楽しい、と思うことを一生懸命頑張りなさい」と。その言葉が心に残っています。どういう形であれ、言葉にして私に残してあげたいという母の思いがあったのでは。必死に言葉をつないで、私に伝えてくれました。だから、忘れてはいけない。母は私がゴルフしかしていないことも知っていました。当時は大学に進学するつもりもありませんでしたし…。母とは一番長く、一緒に同じ時間を過ごしました。(転戦先では)よくファミレスでご飯を食べました。運転が苦手なのに遠くまで連れていってくれて、嵐の中ハンドルを握ってくれたこともありました。

-「マリン」の名前は、海が好きで海外に行くことも多かったお父さんが外国人からも親しんでもらえるように、海にちなんだ「マリーン」から名付けた。未来に向かって“大航海”が始まる

 今はやりたいことが見えてきたかな、という感じです。そういう意味ではZOZOの大会は大きかった。メディアの方も、世界中の記者さんがいらっしゃって。その方々の前でウッズ選手に代表でインタビューをさせていただきました。日本人のメディアの方と英語をしゃべれるメディアの方は別々でした。例えば、外国の方々だと、20年以上記者のお仕事をなさっている方々が40人ぐらいメモとペンを持ち、私の横にウッズ選手がいて囲み(取材)が始まりました。さすがに40人も英語をしゃべれる人たちがいると、なおさら緊張して…。はい、英語だけでのインタビューでした。でも、外国の記者さんが「きょう良かったよ」「ありがとう、すごくいいインタビューだったね」と、すごくほめてくださりました。実際、ウッズ選手の表情が穏やかで、笑いが起きることもあって、その場自体が和んでいたんです。私自身もうれしかったし、記者さんたちも喜んでくださって。こういうお仕事をもっとしたいと思いました。

-来夏はいよいよ東京五輪・パラリンピックが開催される

 ゴルフはもちろんですが、体操や競泳の競技にも興味があります。何だろう、自分の体一つで勝負するスポーツというものにすごくひかれます。父の野球もそうですし、ゴルフもそう。この前のラグビーもボールを扱うという意味でそうじゃないですか。でも、体一つというのは本当に究極ですよね。間近で見てみたい気持ちがふくらんでいます。五輪を機に今まで見たことがないスポーツを初めて目にすることもあると思うので、スポーツに携わるいろんな方々と触れ合って、成長していけたらすてきですよね。

(おわり)

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ