ソフトバンク牧原入院 右手の血行障害 投薬治療で完治目指す

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクは14日、牧原大成内野手(27)が右手人さし指の血行障害のため佐賀市内の病院に入院したと発表した。今後は1週間から10日程度、点滴などによる投薬治療を施して完治を目指す。

 牧原は右手について「指先が冷たくて、感覚があまりない」などの異常を訴えて、11日に宮崎秋季キャンプを離脱。斉藤リハビリ担当コーチは「投薬治療を経て、状態を確認した上で、リハビリ組に合流することになる」と説明した。

 9年目の今季は内外野を守れるユーティリティーとして、自己最多の114試合に出場。打率2割4分2厘、3本塁打、27打点、10盗塁を記録した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ