九州学院、都大路へ正念場 全九州高校駅伝

西日本スポーツ 前田 泰子

 男子第72回、女子第31回全九州高校駅伝(西日本新聞社など後援)は16日、大分県の宇佐市安心院町高校駅伝コースで行われる。午前11時50分スタートの男子は7区間、42・195キロ。同10時スタートの女子は5区間、21・0975キロ。男女とも各県大会の上位3校が出場する。男子は全国高校駅伝(12月22日、京都)が第70回の記念大会になるため、北九州地区(福岡、佐賀、長崎、大分)と南九州地区(熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)で各県代表を除く最上位チームが全国大会出場権を得る。15日は同市の安心院文化会館で開会式が行われた。熊本県大会2位で15連覇を逃した九州学院は16年連続の都大路出場を目指す。福岡県大会2位の大牟田も北九州地区代表を狙う。

■16年連続出場へ新戦力奮起期待

 先輩からつないできたたすきを今年で途切れさせるわけにはいかない。熊本県大会で開新に敗れて2位に終わった九州学院は、南九州代表で16年連続の都大路出場を狙う。「毎年九州大会では駅伝を楽しんでいたが、今年はそういうわけにはいかない」。禿(かむろ)雄進監督の目の色も変わった。

 県大会の敗因を禿監督は「気の緩みだった。みんなが無難に走ろうとしていた」と分析する。指揮官は県大会後に好調さを買って入れ替えたメンバー3人を、今回の5区以降に抜てき。「前半で勝負して、後半の3人がどんな走りをするか」と新戦力の奮起に期待する。久光康太主将(3年)は「二度と負けないように挑戦者の気持ちでいきます。絶対に代表を取りたい」と力を込めた。 (前田泰子)

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ