西武ドラ6井上「体しっかりつくる」 3軍のモデルケースに

西日本スポーツ 小畑 大悟

 西武からドラフト6位指名を受けた井上広輝投手(18)=東京・日大三高=が15日、東京都内のホテルで入団交渉に臨み、契約金2500万円、年俸600万円で合意した。「球団を代表する投手になりたい」と決意表明。伸びしろたっぷりの最速152キロ右腕は、来季導入する3軍制の効果を示すモデルケースになることを目指す。

 「これから厳しい世界に入っていく。まだ未熟なので体をしっかりつくって早く1軍に上がれたら」。高校生の下位指名。もちろん将来性を買われている。若手育成をメインとした3軍からプロの一歩を踏み出すことは確実だ。

 3軍には広島で井上と同じ高校生で6位指名の中崎らを育てた青木投手コーチが招聘(しょうへい)された。井上は「いい環境で野球ができる。1年間投げ続ける体力をつけたいと思う」。竹下編成グループ育成アマチュア担当も「(青木コーチは)昔の西武の厳しい練習を継承してやってくれれば」と期待した。

 3軍からはい上がり、将来は獅子のエースを狙う。対戦したい打者はDeNA1位の森(神奈川・桐蔭学園高)、中日1位の石川(愛知・東邦高)。「交流戦で対戦できたらいいし、三振を取りたい」と同学年のドラ1に対して闘志を燃やした。(金額は推定) (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ