メキシコ初五輪切符!元中日クラーク起死回生弾から阪神ナバーロ劇打でお祭り騒ぎ 米国との死闘制す

西日本スポーツ

 ◆プレミア12 3位決定戦 メキシコ3x-2米国(17日、東京ドーム)

 メキシコがタイブレークの延長戦を制した。2次ラウンド3位で3位決定戦に進出。同4位の米国に競り勝った。今大会の米大陸最上位となり、初の五輪切符を手にした。

 初回に先制を許すと、直後の攻撃で阪神ナバーロが三振、盗塁死も重なり併殺。米国の先発を攻略できなかったが、相手が継投に移った6回に元中日クラークが同点内野安打を放った。

 直後の7回に1点を勝ち越されたが、9回にクラークが米国の抑えディクソン(オリックス)から同点ソロ。大興奮のナインがベンチから飛び出した。無死一、二塁から始まるタイブレークの延長10回に阪神ナバーロがサヨナラ打を放った。

 1次ラウンドでは米国と同じA組を全勝で突破。2次ラウンドでも初戦から2連勝した。だが続く日本戦に敗れると、決勝進出がかかった韓国戦にも敗れ、2次ラウンド3位。東京五輪出場権を得る今大会の米大陸最上位を確定させるチャンスを逃した。

 他チームの試合結果により米国が2次ラウンド4位で3位決定戦に進出。1次ラウンド以来の再戦で返り討ちにし、開幕5連勝で滑り出した今大会を白星で締めくくった。

 プレミア12では前回2015年の第1回大会で、3位決定戦で日本に敗れ4位。米大リーグに有力選手を輩出しているが五輪、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を含めた主要国際大会での4強入りは、それが初めてだった。06年のWBCでは2次リーグの米国戦で勝ち、当該チーム間の失点率で日本の突破を導いた。国際舞台で日本と奇縁がある。

 東京五輪出場は6チーム。開催国の日本、欧州・アフリカ予選突破のイスラエル、プレミア12で日本を除くアジア・オセアニア最上位の韓国、米大陸最上位のメキシコの出場が決まった。残りは2枠で、来年3月の米大陸予選、その後の大陸間予選で決まる。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ