侍山口狙われた…初回まさか2被弾でわずか1回降板

西日本スポーツ

 ◆プレミア12 決勝 日本-韓国(17日、東京ドーム)

 侍ジャパン先発の山口が、初回から韓国打線のパンチ力を実感させられた。

 制球が定まらず先頭打者に3球連続ボール。フルカウントまで持ち込んだが歩かせた。続く2番・金河成に追い込んでからの勝負球フォークを左翼席へ運ばれ、先制2ランとされた。

 3、4番を抑えたが5番・金賢洙に対しても3球連続ボール。1ストライクを取ってからの5球目、外角ストレートを右中間スタンドへ持っていかれ、ソロ被弾。狙われたような2発で、セ・リーグ最多勝、最多奪三振、最高勝率の3冠右腕が3点を失点。この回限りで早々と降板を強いられた。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ