決勝で侍山田1号逆転弾「集中して」韓国タイム直後

西日本スポーツ

 ◆プレミア12 決勝 日本-韓国(17日、東京ドーム)

 侍ジャパンの1番山田哲が待望の一発を放った。

 2点を追う2回2死、韓国先発のサウスポー梁〓種に対して会沢が四球で出塁。菊池涼も高く弾んだ内野安打で続き一、二塁となった。

 ここで山田哲が追い込まれてから3球ファウル。韓国の捕手がタイムをかけマウンドへ駆け寄った直後、8球目の内角ストレートを捉え、左翼席へ放り込んだ。

 ここにきての大会1号が逆転3ラン。「追い込まれていましたが、大事な場面だったので、集中して自分のスイングをしようと心掛けました」。稲葉監督も両手を突き上げて喜ぶなどベンチは大興奮だった。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ