侍ジャパン甲斐、稲葉J皆勤「監督を世界一にしたかった」

西日本スポーツ

 ◆プレミア12 決勝 日本5-3韓国(17日・東京ドーム)

 稲葉監督就任以来、野手では唯一すべての大会、試合に招集された甲斐は「ずっと呼んでもらって、監督を世界一にしたかった」と喜びをかみしめた。決勝での出場はなかったが、今大会は主にソフトバンクで同僚の高橋礼が先発時にマスクをかぶり、1次ラウンドのプエルトリコ戦は国際大会初登板のサブマリンの持ち味を引き出して6回1安打無失点の好投を演出。2次ラウンド韓国戦では今大会初安打を放った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ