【独占手記】侍周東「プレミア12とか東京五輪、いつあるか分かってなかった」

西日本スポーツ

 ◆プレミア12 決勝 日本5-3韓国(17日・東京ドーム)

 侍ジャパンが決勝で韓国を破り初優勝した。主要国際大会では2009年WBC以来の頂点。稲葉篤紀監督(47)の強い意向でメンバー入りし、出場選手最多の4盗塁で一度も打席に立たずに自慢の足でチームを鼓舞した周東佑京外野手(23)が西日本スポーツに手記を寄せた。

 世界一と言われてもピンとこないのが本音。フワフワしている。今回は全てがうまくいきすぎた。正直何で自分がここにいるんだろう、と、足の速い選手はたくさんいる中で、稲葉監督がリスクを背負って選んでいただいた。僕が失敗したら稲葉監督の顔が立たない。結果を出さないといけないと思っていた。

 一番緊張したのは(1次ラウンドの)プエルトリコ戦での初盗塁。タイミングはアウトだった。日本シリーズも最後にアウトになって(※1)、自分は大舞台では決められないのかなと思いかけた。でもリプレー検証になって「足が入っていてくれよ」と思っていたら判定が覆った。あれで「いける」と思えた。

 オーストラリア戦(※2)は二盗は苦労したけど、三盗は120パーセントの自信があった。2死になってからマークが緩んで、サインもグリーンライト。源田さんなら内野安打もあるし、ノーマークの中で走れば捕手が焦って送球がそれても1点入ると思ってスタートを切った。本当に何もかもうまくいきすぎた。

 去年まで、プレミア12とか東京五輪はいつあるのかもはっきりと分かっていなかった。(同じソフトバンクの)デスパイネに「五輪、見に行きたいよ」と言っていたぐらい。五輪は完全に「見るもの」だと思っていた。五輪の競技では特に陸上、水泳が好き。最近は夜中にユーチューブで陸上の100メートル走を繰り返し見ている。「世界記録」とかで検索をかけて「ボルトの衝撃レース」を見ていた。ケンブリッジ(飛鳥)の走り方はきれいだと思う。

 海外の選手はバネが違うし、陸上の走りを自分がしたら遅くなると思う。だけど、足が速くなるためには大胸筋が必要だと(ソフトバンクの)千賀さんに言われた。そういう目線で見ると、胸が強くないと体幹を固定できないというのがよく分かる。僕ももっと走りに強さがほしい。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ