侍稲葉監督が東京五輪に言及 周東ら「スペシャリスト必要」

西日本スポーツ 松田 達也

■一夜明け会見

 国際大会「プレミア12」で初優勝を飾った野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督(47)が18日、足のスペシャリストとして脚光を浴びた福岡ソフトバンクの周東佑京外野手(23)について悩める心境を明かした。今大会は28人だったメンバーが東京五輪では4人減の24人となることもあり、東京五輪での選手選考は戦力のバランスも踏まえて熟考を重ねる方針だ。

 激闘だった韓国との決勝を制してから一夜明け、都内で取材対応した稲葉監督は、既に東京五輪を見据えていた。「『スペシャリストはいらない』ではなく、やっぱり必要ではないかと考える大会になった」。主に代走起用で大会盗塁王になった周東らについて、言葉を選びながら言及した。

 今大会の周東は、稲葉監督が掲げた機動力野球の切り札として、緊迫した場面で存在感を見せた。足を相手に警戒させ、要所で決めた4盗塁はチームを勢いづけた。一方で、打席に立つことは一度もなく、序盤でリードを奪った決勝では出場機会がなかった。

 今大会は28人のメンバーを最大限に生かしたが、選手枠が24人に減る来夏の東京五輪では、メンバーをさらに厳選することが求められる。稲葉監督は「(東京五輪の)人選は慎重にしなければいけない。大会をしっかり振り返って、議論して決めたい」とした。

 稲葉監督は「投手でいえば嘉弥真、大竹もスペシャリストと思っている」と説明し、今後のメンバーについては「今回の選手を土台にする」と強調した。東京五輪でも強豪国との対戦は接戦が予想される。世界を驚かせたスピードスターを含め、今後のチームづくりが注目される。 (松田達也)

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ