ドラゴンゲートのBen-Kが12月15日の福岡国際センター大会をPR

西日本スポーツ

 人気プロレス団体「ドラゴンゲート」のBen-K(ベンケー)が19日、福岡市・天神の西日本新聞社を訪れ、年末恒例のビッグイベントとなっている「THE FINAL GATE 2019」(12月15日、福岡国際センター)をPRした。

 メインイベントは、4度目の防衛を目指す王者Ben-Kに土井成樹が挑戦する「オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合」。7月に第29代王者となった28歳のBen-Kは「新世代の代表として、相手の全てを受け止めて自分の強さを証明する」と宣言した。

 博多ではデビュー直後の試合で脳振とうを起こし、欠場に追い込まれた苦い記憶があるというBen-Kだが、今回は「今の自分には勢いがある。2019年を王者として締めくくり、15度の連続防衛記録を塗り替えたい」と気炎を上げた。

PR

格闘技 アクセスランキング

PR

注目のテーマ