健太郎最後尾から3着奪取 九州王国再興へ

西日本スポーツ

 今回参加の九州勢11人のうち、7人が初日に出走。残念ながら1着はなかったが、井上昌己が2着で9ポイントを獲得するなど5人が4着以内に入り、2走目につながる走りを見せた。

 坂本健太郎は3Rで3着。道中は中本匠栄との連結を外した上に、最後尾を追走する厳しい展開。終4角9番手という最悪の流れになった。しかし直線で外を踏むと「すっごく伸びた。このままアタマまで行くんじゃないの!!と思ったけど、そこはG1、そんなに甘くはなかった」と周囲を笑わせた。前検日には「練習中に左ふくらはぎが肉離れっぽくなったので、ここ1週間くらいはケア中心」と不安そうだったが、1走目を終えて「しばらく休んだかいがあって、問題ない」と笑顔を見せた。2場所前に前橋F1を優勝した調子はキープ。予選突破へ視界良好だ。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ