ホークスジュニアも日本一だ 帆足和幸監督が初采配

西日本スポーツ

 プロ野球球団のジュニアチームで競う「NPB12球団ジュニアトーナメント」の監督会見が19日、東京都内で行われた。福岡ソフトバンクジュニアを率いる元投手で球団職員の帆足和幸監督は「今年は1、2軍がそろって日本一になった。次は自分たちの番」と決意を口にした。

 ソフトバンクジュニアは2009年に初制覇して以降、優勝から遠ざかっている。初采配となる帆足監督は「選手としっかりコミュニケーションを取りチームを一つにまとめようと心がけている。最後の1アウトまで点を取る、抑えていくように」と意気込んだ。

 今年が15回目の大会は12月27日から3日間、札幌ドームで開催。各球団が小学5、6年生でチームを編成し頂点を目指す。ソフトバンクジュニアは初戦で中日ジュニアと対戦する。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ