アビスパとライジングタッグ 福岡市天神でホーム戦来場をPR

西日本スポーツ 広田 亜貴子

 J2アビスパ福岡と、バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)のライジングゼファー福岡の選手計7人が20日、福岡市・天神の新天町商店街で初の共同街頭キャンペーンを行った。「一緒に福岡を盛り上げよう」とビラを配り、ホーム戦への来場を呼びかけた。

 J2残留が決まったアビスパは、24日のレベルファイブスタジアムでの今季最終節で、残留を懸けた一戦となる20位の鹿児島を迎え撃つ。主将の鈴木は「来季に期待と希望を持ってもらえるように気持ちを伝えるプレーをしたい」と語った。

 西地区6位のライジングゼファーは、12月7、8日に福岡市の照葉積水ハウスアリーナで奈良との2連戦に臨む。主将の石谷は「奈良は5位で順位も近く、激しい戦いになる。拮抗(きっこう)した熱い試合を見てほしい」と意気込んだ。 (広田亜貴子)

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ