西武辻監督、オーナー報告 3連覇へ外国人投手の補強へ

西日本スポーツ

 西武の辻発彦監督(61)が21日、東京都内の西武ホールディング本社で後藤高志オーナーを訪れ、今シーズンの報告を行った。渡辺ゼネラルマネジャー(GM)、飯田本部長も同席し、約30分間の会談。リーグ2連覇を果たしたが、2年連続で日本シリーズを逃した辻監督は「(来季は)3連覇を目指して頑張ります。そして日本一を目指します」と話した。

 後藤オーナーは「8・5ゲーム差のソフトバンクを大逆転してパ・リーグ2連覇ができた。しかし日本一になれなかったのが残念。来年はパ・リーグ3連覇と日本一を目指して引き続きしっかりやってもらいたい」と期待を込めた。今後の補強については「外国人の投手をいろいろ考えていきたい。投手力の強化が最大のテーマ。若手も育ってきた。いい流れでさらに強化していきたい」と説明した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ