J2福岡の久藤監督が退任 6月から指揮も現在過去ワースト順位

西日本スポーツ

 J2福岡は22日、久藤清一監督(45)の退任を発表した。

 OBの久藤監督はJ3降格危機にあった今年6月に前任のファビオ・ペッキア氏の退任により、コーチから昇格。浮上を狙ったが、戦術の浸透に苦しみ、現在の順位はJ2過去ワーストに並ぶ18位。リーグ戦残り3試合で残留は決めたが、3連敗中で最終節を迎える前に退任が発表された。

 クラブを通じ、「コーチとして1年半、監督として半年、2シーズンにわたり本当にありがとうございました。この半年間、なかなか思うような結果が出せず、皆さんには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。アビスパは私にとっては特別なクラブです。大好きなクラブだからこそ強い覚悟と責任を持ってここまで戦ってきました。自分の力でチームを押し上げることができず、無念でなりません」などとコメントした。

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ