西武メヒアとの残留交渉大詰め 大幅ダウンで再契約へ

西日本スポーツ

 西武のエルネスト・メヒア内野手(33)の残留が22日、決定的になった。都内で渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)が「もうすぐ発表できると思う。大詰め? そんな感じ」と合意間近であることを明かした。

 2014年シーズン途中に加入したメヒアは、同年に本塁打王のタイトルを獲得。17年から年俸5億円プラス出来高の3年契約を結び、今季限りで満了した。今季は来日ワーストの6本塁打に終わり、大幅な減俸での再契約となりそうだ。

 残留する外国人はニールとメヒアだけとなり、新外国人の獲得にも全力を挙げている。渡辺GMは「先発、中継ぎ、できれば(内外野)両方できる野手」と補強ポイントを示した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ