平原4度目Vへ 競輪祭 【小倉】

西日本スポーツ

 小倉競輪の6日制ナイターG1「第61回競輪祭」は23日、9~11Rでの準決3個レースをメインに5日目を行った。9Rは諸橋愛が逃げた吉田拓矢を差し切り。3角内を突いた和田健太郎が2着。吉田3着。10Rは松浦悠士が、ロング捲りの清水裕友マークから差しで制した。3角から内を突いた木暮安由が3着。松浦は決勝を完走すればGP初出走が確定する。11Rは平原康多が番手抜け出しで白星。平原に迫った小川真太郎マークの柏野智典が2着。後方から強襲の坂口晃輔が3着。24日の最終12Rは決勝。今年最後のG1優勝者が決まるとともに、12月30日に立川で行われる「KEIRINグランプリ2019」出場の9人が出そろう。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ