ソフトバンク嘉弥真「五輪狙う」 誕生日に「30歳の誓い」

西日本スポーツ 倉成 孝史

 ◆ソフトバンク野球教室ベースボールキッズ2019(23日、九州・山口10会場)

 来季9年目の嘉弥真が「30歳の誓い」を立てた。雁の巣球場での「ベースボールキッズ」に参加した23日は、30回目のバースデー。「とにかくいい1年にしたい」と、左腕は来夏の東京五輪出場を大きな目標の一つに掲げた。

 追加招集で出場した「プレミア12」では、左殺しのスペシャリストとして日本にとって10年ぶりの世界一に貢献した。東京五輪は登録選手枠が、プレミア12から4減となる24。メンバー入りは一層狭き門となるが「狙いたいし、選ばれなかったとしても自分にとってはプラスになる」と、五輪代表入りを大きなモチベーションとして練習を行うことが、来シーズンの好パフォーマンスにつながることを強調した。

 この日はベースランニングを担当し、子どもらと終始笑顔で過ごした。「(30代は)若い時と体も変わってくると思うので、しっかり体力強化をしたい」と、来年1月に岩崎らと行う沖縄での自主トレでは例年以上に体を追い込む構え。今季3年連続50試合以上登板を果たした左キラーが、再びの日本代表入りを目指す。 (倉成孝史)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ