ソフトバンク雨合羽で日本一パレード 人出は昨季比12万人減

西日本スポーツ

 ソフトバンクの日本一祝賀パレードが24日、福岡市中心部の明治通りで行われた。

 2年連続でレギュラーシーズン2位からクライマックスシリーズ(CS)を突破し、日本シリーズに進出。セ・リーグ優勝の巨人を破って3年連続で日本一となった。

 監督、コーチ、選手らがオープンカーや、オープントップバスに分乗。午前11時の開始前から降る雨に加え、直前には風も強まった中、同市博多区のスタート地点では王会長や工藤監督、柳田ら多くの選手が雨合羽を羽織る姿が見られた。

 「明治通り」の約2・3キロを行進。ファンに手を振って喜びを分かち合った。スタート後、風雨は次第に弱まった。沿道には約25万人(主催者発表)が詰めかけた。昨季は約37万人で過去最多だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ