1・4億再生ダンスに挑戦、ソフトバンク侍組を圧倒したキレキレ男

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク・ファンフェスティバル2019(24日、ヤフオクドーム)

 若手選手が、シンガー・ソングライター米津玄師が作詞・作曲しプロデュースした、Foorin(フーリン)の「パプリカ」のダンスに挑戦した。

 同曲のダンスミュージックビデオは、昨年7月にユーチューブで公開されてから、これまで再生回数1億4200万回超。プレミア12を制した侍ジャパンに選出されていた甲斐野、高橋礼、周東が挑戦メンバーとして発表されると、当人たちの「しまった」という表情の一方、ファンからは歓喜の声が上がった。

 ここに椎野、栗原を加えた5人で挑戦。迎えた本番はイベントのラストを飾るステージだったが、選手はどうにも悪戦苦闘。一緒に上がった球団の公式ダンスチーム「ハニーズ」の振り付けを見よう見まねで懸命に躍ったが、その中で異彩を放ったのが栗原。前列中央で脇目も振らず躍りきった。ハニーズ推薦という立ち位置もうなずけるキレキレの働きで場を彩り、飛躍の予感?を漂わせた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ