J2昇格北九州の34歳ベテラン「こんなにうれしいものか」

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J3第32節 北九州4-0讃岐(24日・ミクニワールドスタジアム北九州)

 34歳のベテラン池元はチームで唯一リーグ戦全試合に出場し、最前線でチームをけん引してきた。「自分自身、このチームに長く在籍して一度も優勝、昇格を味わっていない。こんなにうれしいものかと。この年で新しく気付かせてもらった」。北九州市出身で計9シーズン目のギラヴァンツ在籍となる池元は、しみじみと語った。

■計9季目の34歳感慨

 後半19分のPKも「自信はあった。落ち着いて蹴るだけだった」と右足でゴール左に突き刺した。北川と高橋大、ディサロ、町野と並ぶチームトップの7得点。昨年の5得点を既に超えた。

 池元は今季のチームの強さに「一体感」を挙げる。「メンバー外も含めた選手全員が毎試合準備し続けてきた」と話す一方で「良い時はみんな自然に声も出るが、うまくいかない時に誰かが何か一つ行動を起こすことが大事。そういう時のプレーや声掛けを意識している」という。

 小林監督も「一番前で一番早く動いてくれるから、チームが締まる。行動で示してくれている」と信頼を置く。J2参入時、上位進出、降格、J3最下位を知る池元は「このままでは駄目と思うところがまだある。細かいところに目を向けて残り2試合で前進したい」と早くも来季の戦いを見据えた。

PR

ギラヴァンツ北九州 アクセスランキング

PR

注目のテーマ