ソフトバンク目玉企画は森に軍配「千賀に勝つことだけ考えた」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク・ファンフェスティバル2019(24日・ヤフオクドーム)

 ファンフェスティバルの目玉企画「ホームランダービー」で、千賀と森が打者顔負けの打撃を披露した。2分間でスタンドインの本数を競うルールで、ともに金属バットを使用。「朝から準備してきました」と言う千賀は左打席に立ち、逆方向の左中間に打球を放り込むなど計4本。また、別企画で背筋力224.5キロと驚異のパワーを見せつけた森は全5本がテラス席ではなくスタンドに届いた。「千賀に勝つことだけ考えていた。よかった」と白い歯を見せた。個人最多は8本を放った長谷川勇。内川が7本、松田宣が5本、今宮が4本だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ