ロッテ入り表明の福田「恩人に声掛けていただいた」夫人の胸中も察し苦悩

西日本スポーツ

 ソフトバンクから国内フリーエージェント(FA)権を行使した福田秀平外野手(30)が26日、ロッテ入りを表明した。

 西武、中日、ヤクルト、ロッテ、楽天と、残留を要請したソフトバンクと交渉。この日ヤフオクドームを訪れ、報道陣の取材に応じた。一問一答は以下の通り。

ーソフトバンク球団に伝えたことは

 今季限りでホークスを退団することを伝えに来ました。

ー今後について

 来シーズンから千葉ロッテマリーンズでお世話になることを決めました。

ー複数球団からオファー。この1カ月の思いは

 本当にたくさんの球団からお話を頂いて、感謝しかないですし、すごく悩んだ1カ月でした。

ー決断の決め手は

 最後は鳥越(前ソフトバンクで現ロッテのヘッド兼内野守備走塁コーチ)さんの存在ですね。自分の野球人生を振り返った時に、2年目で父を亡くして、同時期に鳥越さんも奥さんを亡くされて。当時、担当コーチだったんですが、そのおかげで野球を続けられたと思いますし、今回、声を掛けていただいて。また鳥越さんとの電話で(ロッテ)井口監督からも「一緒にやろう」という言葉を頂いた。

ーロッテ鳥越ヘッドの存在

 最初は正直、コーチとか監督とか、人について行くのはどうなのかなという思いもありましたけど。自分の野球人生を振り返った時、野球ができているのは周りの支えあってのことなので。一番つらかった時に励ましていただいた恩人でもありますんで。その方から声を掛けていただいたっていうのもあります。

ー決断はいつ

 最終的に決めたのはここ2、3日です。

ーソフトバンクのチームメートに報告は

 昨日(25日、ソフトバンク選手会の)納会の席でチームメートと裏方さんには「退団することを決めた」と先に報告させてもらって、また(同学年の)柳田には一応、先に行き先は伝えました。

ーロッテの印象は

 いやもうそれは、とにかく応援もすごいですし、ファンもすごく熱い球団なのかな、という印象はありますね。

ーロッテの野球については

 すごくスピードがある選手が多いですし。自分もスピードが武器だと思ってますんで。しっかりと争って(レギュラー争いを)勝ち抜けるように頑張りたいと思います。

ーホークスで過ごした期間を振り返って

 僕は福岡という土地が大好きですし。この13年間、たくさんケガもしましたが、チームスタッフ、トレーナーさんに励ましてもらって、こうやって野球ができる状態になった。また秋山前監督、工藤監督に起用してもらったおかげで、こうやってFA(権)を取ることができた。ホークスには感謝しかないです。

ーソフトバンクと同一リーグで対戦する立場に

 正直、今はホークスとは対戦したくないっていうのはありますけど。でも本当に、出るからにはホークスを倒すっていう強い気持ちで試合に臨んでいきたいと思います。

ー権利行使表明から約1カ月

 めちゃめちゃ…こんなに悩むことがあるのかっていうぐらいの1カ月でした。

ー家族とも相談したか

 もちろん奥さん、福岡(出身)の人ですし。奥さんはホークスにずっといてほしかったと思いますし。自分もホークスにいたいっていう気持ちもありましたし。とにかく福岡がやっぱり好きなので。そこはかなり悩みました。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ