ソフトバンク高橋礼が新人王 球団では摂津以来10年ぶり

西日本スポーツ

 今季のプロ野球のタイトル獲得者らを表彰するNPBアワーズが26日、東京都内で開かれ、福岡ソフトバンクの高橋礼投手(24)がパ・リーグの新人王に選ばれたことが発表された。ソフトバンクからの新人王は2009年の摂津正以来10年ぶり12人目。高橋礼は「野手や中継ぎの皆さんの強いバックアップがあったおかげ」と笑顔で話した。

 高橋礼はプロ2年目の今季、先発ローテの一角に入り、自己最多の12勝を挙げた。有効投票数254のうち206票を獲得。2位につけた同僚の甲斐野の39票を大きく引き離した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ