寺田祥が予選トップ通過 西日本スポーツ杯 【下関】

西日本スポーツ

 下関ボートの「西日本スポーツ杯」2日目の26日は予選最終日で、準優ベスト18が決まった。短期決戦ということで順位の入れ替わりは大きく、ボーダー上の6・00に6人が並ぶ混戦となったが、上位着順で雑賀勇貴、高浜芳久の2人が準優入りし、佐々木英樹、広瀬聖仁、上條嘉嗣、百武翔は予選突破を逃した。得点率上位は10・00に4人が並んだが、上位着順で寺田祥がトップを守った。初日からの連勝は途切れたものの、道中で追い上げをみせ、足的には上向き。2位に北山康介、3位に片岡雅裕。この3人が準優の1号艇を手にした。なお、後藤浩と武重雄介は帰郷。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング