伊志嶺監督が来年退任 大分・日本文理大付高野球部

西日本スポーツ

 高校野球の大分・日本文理大付の伊志嶺吉盛監督(66)が来年3月末で退任することが26日、分かった。契約満了のため。後任の監督には、大分県の高校で甲子園出場経験のある指導者が候補に挙がっている。

 伊志嶺監督は沖縄・八重山商工の監督だった2006年、ロッテで通算28勝を挙げたエース大嶺祐太を中心に甲子園春夏連続出場。沖縄県の離島勢として初めて甲子園の土を踏んだ選抜大会は2回戦、夏の全国選手権は3回戦に進んだ。

 16年10月に日本文理大付の監督に就任し、沖縄出身の選手を中心にチームを強化。プロ注目の右腕翁長佳辰(3年)を擁し、第1シードとして同校初の甲子園を目指した今夏の大分大会は3回戦で大分商に敗れた。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ