ソフトバンク工藤監督、福田流出に「引き留めはしましたけど…」

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクから国内フリーエージェント(FA)権を行使した福田秀平外野手(30)が26日、ロッテ移籍を表明し、同球団も発表した。福田を巡ってはロッテのほか、西武、楽天、ヤクルト、中日、そして宣言残留を求めていたソフトバンクの6球団が争奪戦を繰り広げていた。

 工藤監督は福田の流出を残念がると同時に一人の野球人としてエールを送った。国内FA権行使後の10月29日には、本人と約45分間にわたって会談して直接慰留。「残念は残念ですけど、私も(FA移籍の)経験がある人間。引き留めはしましたけど彼の人生。どこに行ったとしても頑張ってほしい」と決断を尊重した。今季チームが8勝17敗と大きく負け越したロッテへの移籍。「野球を離れれば一人の仲間だが、試合になれば勝負は勝負」。来季の対戦では当然遠慮しない。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ