ソフトバンク上林「しばらくは自分で…」 患部は快方へ

西日本スポーツ

 上林がリハビリ組での練習を打ち上げた。4月に受けた死球で右手薬指を剥離骨折。その影響による右手痛で秋季キャンプには参加せず、筑後のファーム施設で調整していた。患部は快方に向かっているといい、28日は軽めながらトス打撃も行った。「しばらくは自分で治療を受けながら、来季に向け体を鍛えていく」と前向きだった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ