瓜生準決勝へ殴り込み ボート王国九州山口!

西日本スポーツ 荒木 翔吾

 やはり必要不可欠な存在だ。準々決勝組の4人から瓜生正義が唯一、準決勝へ殴り込んだ。2日連続の10R1号艇で、盤石のイン戦を披露。「2日目の1Mはやられてもおかしくなかった。いい旋回ができていない」と声のトーンは低いが、機力の裏付けは大きな後押し。「エンジンは動いてくれている」と断言する。

 決勝進出を懸けては、11Rの2号艇で出陣。「気象条件が変わらない限り、同じようなセッティングでいい」と万全の態勢。「グランプリ2nd入りが決まり、今節も2回連続で1号艇。こういうツキをしっかり生かさないと」。一度、軌道に乗ってしまえばもうこっちのものだ。「楽しんではいけないけど、終わってみれば楽しかったと言っている気がします」。記念すべき初代チャンピオンにふさわしい福岡支部の大エースが、決勝進出を果たす。 (荒木翔吾)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング