DeNAドラ7浅田、100人を前に「8月には1軍へ」

西日本スポーツ

 ドラフトでDeNAから7位指名され、入団も決まった熊本・有明高3年の浅田将汰投手(18)=福岡県飯塚市出身=の激励会が30日、福岡市内のホテルで行われた。浅田と関わりのある小中高校の野球関係者、PBS野球塾で指導した元ダイエーの坂田和隆氏らが出席。最速149キロ右腕は約100人の出席者を前に「来年8月ごろには1軍のマウンドに上がり、いずれは防御率のタイトルを取れるような球界を代表する投手になりたい」と抱負を語った。

 現在は有明高でランニング、ウエートトレーニング、週1回の投球練習に励んでおり、体重は今夏から比べると3キロ増となり、プロ野球で対応するための体づくりにも余念がない。今夏の高校日本代表にも選出された逸材が、将来のDeNAを背負う。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ