藤本が日本人トップも東京五輪に届かず 福岡国際マラソン

西日本スポーツ

 福岡国際マラソンが1日、福岡市の平和台陸上競技場発着で行われ、藤本拓(トヨタ自動車)が2時間9分36秒で日本人トップの2位に入った。残り1枠となった東京五輪代表に入るには日本新記録となる2時間5分49秒以内を出すのが最低条件だったが届かなかった。エルマハージュブ・ダザ(モロッコ)が2時間7分10秒で優勝した。

 藤本はダザとともに30キロ地点まで日本記録を上回るペースで先頭集団をけん引。しかしペースメーカーが外れた30キロすぎにダザがペースを上げると、藤本は次第に遅れた。藤本はゴール後「日本記録には届かなかったが、やりがいがあるチャレンジができた。今後とも陸上界を盛り上げていきたい」と語った。

 東京五輪男子マラソン代表は9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で優勝した中村匠吾(富士通)と2位の服部勇馬(トヨタ自動車)がまず決定。残り1枠は来年3月の東京、びわ湖毎日のどちらかで2時間5分49秒以内を出せば、その中で最速だった選手が選ばれる。日本新が出なかった場合はMGC3位の大迫傑(ナイキ)が代表になる。(タイムは速報値)

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ