福岡国際3位福田 自己記録更新ならず 「遠いなと感じた」先輩

西日本スポーツ

 福岡国際マラソンは1日、福岡市の平和台陸上競技場発着で行われた。地元の声援を受けて福田が3位に入った。中盤まで第2集団だったが、後半は力強い走りで前を走っていた佐藤らをかわし順位を上げた。昨年は7位でMGC出場を決めたが、今回の目標は自己記録(2時間9分52秒)の更新だった。「自己ベストを狙って気持ちを切らさずに追えば結果はついてくると思った。更新できず悔しい」と記録には無念の表情を見せた。国士舘大の先輩の藤本が2位。「何百回目かの正直で勝ちたかったけど勝てなかった。遠いなと感じた」と先輩を目標にさらに実力をつけていく。 

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ